成田国際空港

成田国際空港(なりたこくさいくうこう、通称「成田空港」 英語表記: Narita International Airport)は、千葉県成田市の南東部、三里塚地区にある国際空港です。

首都圏に発着する国際線や、主要都市への国内線航空便が発着する第一種空港であります。

日本航空、全日本空輸とアメリカ合衆国のノースウエスト航空のハブ空港でもあります。

また、IATAコードに因みNRTと言う別名も存在します。

2004年4月1日、成田国際空港株式会社法が施行され、空港を管理する新東京国際空港公団(New Tokyo International Airport Authority)が成田国際空港株式会社 (NArita International Airport Corporation) と名称を変え民営化(特殊会社化)されました。

これに合わせ、空港の名称も、従来より、成田地区住民の立地負担により稼働している空港が(または東京から遠く離れた成田にある空港が)「東京」を称するのはおかしいとも批判されていたことを踏まえ、それまでの新東京国際空港から正式に成田国際空港へと改称されました。

なお、英字略称は公団時代のもの「NAA」を引き続き使用しています。

空港種別 商業
開港日 1978年5月21日
自治体 千葉県成田市
設置者 成田国際空港株式会社
空港運用者 国土交通省東京航空局
成田国際空港事務所
施設運営者 成田国際空港株式会社
緯度 35°45' 50" N
経度 140°23' 30" E
標高 43 m
空港コード IATAコード NRT
ICAOコード RJAA
滑走路
方向 長さ 表面
16R/34L 4,000 m (13,123 ft) 舗装
16L/34R 2,180 m (7,152 ft) 舗装


空港概要としては、

開港:1978年5月20日

航空機発着回数:188,820回(2006年)日本第2位(1位は東京国際(羽田)空港)

航空旅客数:約3506万人(2006年)日本第2位(1位は東京国際空港)、世界第24位

航空貨物取扱量:約223万トン(2006年)日本最大(2位は関西国際空港)、世界第5位

空港敷地面積:940 ha(計画1,080 ha)

滑走路

A滑走路:16R/34L, 4000×60 m
B滑走路:16L/34R, 2180×60 m (計画2500×60 m)

誘導路:延長 約25.5 km 幅30 m(一部23 m)(暫定計画を含む)(計画延長 約34.2 km 幅30 m)
航空保安無線施設
ILS 4式 (計画ILS6式)
VOR/DME 2式

エプロン:面積 約218 ha (計画面積 約260 ha)

スポット:137スポット(工事により一部閉鎖中の物を含む)(計画143スポット)

運用時間:24時間

利用時間:6:00 - 23:00(航空機の通常離発着時間帯に制限)
posted by アリスト at 15:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 空港
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。