北海道帯広帯広空港アクセス

帯広空港(おびひろくうこう Obihiro Airport)は、北海道帯広市の南東部に位置する第二種空港である。愛称はとかち帯広空港(とかちおびひろくうこう Tokachi-Obihiro Airport)。

帯広空港へのアクセス

十勝バス

帯広営業所発着便(幸福駅・帯広駅バスターミナル(帯広駅北口)経由)
日本航空便に接続運行
空港発のうち1便が十勝川温泉まで直通


北海道拓殖バス・十勝バス

帯広市内ホテル発着便(北海道ホテル・ホテル日航ノースランド(帯広駅南口)・東急イン・グランドホテル等)
日本航空便に接続運行


帯広空港から帯広市街まで約26 kmあります。

帯広空港の路線

日本航空
東京国際空港、名古屋飛行場(ジェイエアの機材・乗務員で運航)、関西国際空港(6月〜9月運航)
エアトランセ(不定期便)
函館空港

新千歳空港、仙台空港、福島空港へも就航していたが、現在は休止しています。

一年を通して気象条件に恵まれており就航率が高いため、道内主要空港の代替空港として利用されることがあります。

同空港には独立行政法人航空大学校帯広分校が設置されエアラインパイロット養成を目的とした教育を行っています。

航空管制はタワー運用を行っています。

2005年2月17日、中部国際空港が開港したが、名古屋-帯広線はこれまで同様に旧名古屋空港(現名古屋飛行場)を利用しており、北海道と名古屋飛行場を結ぶ唯一の路線となりました。

北海道警察は2008年度よりヘリコプター1〜2機、隊員を十数名常駐させる方針を2006年8月に表明しています。

これは道東地域での迅速な捜索・救助活動に対応するのが狙いとしています。

帯広空港が選定された理由には「日高・大雪両山系の救助活動に素早く対応できる」「晴天率が高く、安定した活動ができる」といった点が挙げられています。

2007年度中には空港敷地内にヘリ発着用エプロン、格納庫を整備することも表明し、今後空港施設賃貸料について帯広市と協議する事になりました。



タグ:帯広空港
posted by アリスト at 13:02 | Comment(0) | TrackBack(1) | 空港
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 305.700MHz 管制は、航空自衛隊小牧基地 小牧管制隊が担当・北海道帯広帯広空港アクセス・全日空 (2007/05/28の急上昇注目キーワード)・小牧空港・熊本空港 とは?・吉野ロープウェ
Weblog:
Tracked: 2007-08-10 09:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。